So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚費用を節約するために [結婚]


結婚する時の結婚準備から新生活までの、平均費用は550万円位必要と言われています。

内訳としては、首都圏の場合、結納・婚約~新婚旅行までに必要となる費用の総額は370万円、新生活準備のために必要となる費用の総額は200万円位となっています。

この費用は関西、その他の地方でも大差はないようです。

内訳はネットのブログで詳細を見る事ができるので、興味のある方は覗いて見てください。


スポンサードリンク





この様に結婚費用は、多額となるので、貯金があれば別ですが、貯金が無い場合は、両方で分担したり、親から費用を負担して貰う人が多いようです。

分担方法に決まりは無く、両家が分担方法が納得する事が大事で、どのように分担しても問題ありません。

一般的には、両家で折半して負担する方法で、両家で招待客数がそれほど異ならない場合は、かかった費用をそのまま2で割って負担することが多いようです。

他に、自分にかかる費用は自分で負担する方法や、男性の方が多く負担する方法があります。

この事から、結婚が決まって、結婚費用と貯金や親からの援助を加えた金額の差が大きい場合は、節約した結婚計画を立てる事が大事となります。


結婚費用の半分以上が結婚式や披露宴で必要となるので、特に披露宴の内容を見直すと良いです。

披露宴の収支としては、お祝儀の平均は一人当たり約3万円位と考えた場合、招待客一人当たりのあたりの出払は約2.4万円(食事、飲物、ウエディングケーキ、引き出物、ペーパーアイテム、装花、コーディネート等の総額平均)位とする事が理想です。

また、ネットには、結婚費用の節約方法に関するサイトが多くあるので、節約を考えている方は参考にする事ができます。








nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。