So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚式の招待状で返信する際のメッセージ [結婚式]


結婚式の招待状は、結婚式の式場や日時が決まった時に出しますが、相手の都合の事を考えると、挙式の2ヶ月前には発送できるように準備する事が望ましいと言えます。

招待状は式場で用意してくれる事が一般的で、文例を選んで招待客のリストを渡します。

あとは式場が印刷、発送まで行ってくれます。

また、用意された文例がイメージした文例と異なる場合は修正を行ってくれる式場もあるようです。


スポンサードリンク





自分で作る場合は、マナーに注意し相手に失礼のないものを作る事が大事となります。

内容は「いつ、どこで、どんな結婚式を行うか」をはっきりと明記する事が大事となります。

親しい人には、軽いメッセージを書くと良いです、

また、地図、返信用はがき(受取人住所宛名入り、切手貼付(切手は複数貼る事は縁起が悪いと言われているのでダメする)を同封する事がマナーです。

スピーチ等を頼む場合は追伸カードを同封すると良いです。

また、宛名は絶対に間違ってはならないので、発送する前に再確認が必要です。

ネットには、結婚式の招待状の例文を紹介したサイトがたくさんあるので、これらの例文を参考にし作成すると良いです。


招待状を返信する時もマナーがあります。

電話等で出席する事を言っても、招待状は返信する事が大事です。

電話で返事した場合、相手が忘れる事もあり、正確な出席人数を把握する必要がある為です。

宛名「○○行」の「行」の文字を二重線か斜線で消して(定規か何かを使用してキレイな線で消します)、「様」に直します。

×印や黒く塗り潰す事はダメです。

次に、欠席の時は「欠席」の文字を丸で囲みます。

そして、受取った人への敬語「御」は、二重線か斜線で消します。

「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」等です。そして「御出席」を二重線か斜線で消します。

また、出席できない事をメッセージとして書き込むと良いです。







nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。