So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚祝いのお返しの相場は? [結婚祝い]


結婚祝いを貰ったら、お返しするのが、マナーとなっています。

結婚式や披露宴に出席して、結婚祝いとして、ご祝儀を頂いた場合、引き出物と一緒にお返しをする事が多いようですが、祝儀とは別に贈り物を頂いた場合は別に品物でお礼をします。

相場としては、地域により、若干の差があるようですが、一般的な相場は、頂いた贈り物の金額より3分の1~半額位となっています。

多くても3分の1位です。


スポンサードリンク





贈り物のマナーとしては、友達の場合は頂いた贈り物と同額か、少し高い品物をおくります。

また、あまりにも、高額な贈り物の場合は、無理をせず、可能な範囲の品物でお礼をします。

相手が気を使わないで、気軽に受け取ってくれる、品物をお返しとすつ事がマナーとなります。会社の同僚や上司にお返しする場合は、口頭でお礼の言葉を言う事も大事となり、遠方の人には、品物と一緒にお礼のメッセージも添えると喜ばれます。

ネットには、お礼の文章の書き方や、例文を紹介しているサイトがたくさんあるので、文章が思い浮かばない人は、これらネットの例文を参考にすると良いです。


また、品物には、のしを付けて贈ります。

のしの書き方は「のし上:内祝い」、「水引き:紅白10本で結びきり」、「のし下:新しい姓、又は、2人の下の名前」となります。

内祝いは、遠方の親戚など結婚式に出席できなかった人に、頂いたお祝いへのお返しをする言葉として使用されていいますが、本来の意味は結婚と言う、おめでたい事の喜びを、親しい身内やお世話になった方々へ喜びを、お裾分けする意味となっています。







nice!(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。